Message 先輩メッセージ

スタッフ写真
地場大型ドライバー

高畑 真由

Mayu Takahata

2019年入社

上田コールド(株)に入社したきっかけを教えて下さい。

トラックの運転が好きで上田コールドに入社する前も大型トラックのドライバーをしていたのですが、数年間ほど別の仕事に携わっていました。実は主人も大型トラックのドライバーをしていて、たまに乗せてもらったりしているうちに「やっぱりトラックに乗りたい」と思い、ドライバーに復帰することにしました。主人のドライバー仲間の紹介もあり、上田コールドに入社しました。

どのような業務をされていますか?

地元の出雲を中心に貨物を輸送する地場大型トラックのドライバー業務を行っています。精密機器や電子機器、食品など様々な商品を積み込んでお客様の元にお届けしています。以前はダンプカーの運転などをしていたのですが、同じ大型トラックとはいえ勝手が全く違い、最初は苦労しました。繊細な商品を積むことも多く、運転中にちょっとした段差で揺れを感じたりすると緊張が走ります。荷崩れしていないか荷台を開けて確認するときは、毎回ドキドキしますが、お客様の大切な荷物を無事にお届けすることが最優先です。

仕事のやりがいは何ですか?

トラックの運転をすること自体が好きなので、特に魅力は景色を楽しめることです。大型トラックの運転席は視線がすごく高いので、運転中の景色は普通の車やトラックと全然違います。高速道路の防音壁よりも高いので、運転中の景色はまるで別の世界です。外の景色と共に仕事をするので、季節の移り変わりを感じれるところも魅力です。また人が好きなので、荷物をお届けする度にお客様と仲良くなれることもやりがいになっています。私の運転や積み荷や荷下ろしの作業を見て「上手になったね」「次はいつくるの」などと声をかけて下さると、信頼して頂いていると感じて嬉しくなります。女性の大型ドライバーは少ないのですが、輸送先で大型トラックを運転している女性を珍しく見かけたりすると「かっこいいな」と思ってやる気がわきます。

この会社の良いところはなんですか?

上司や先輩の丁寧な教育・指導には本当に助けられています。お客様ごとの特徴や対応のポイントなども事前にしっかりと教えて頂けます。私は方向音痴なので地図を用意して下さるのですが、道を間違えたときや事故で迂回があったときなど、様々な事態に対応ができる地図になっていてとても安心します。また、崩れない積荷の方法なども、模型を使って分かりやすく指導してもらい、作業の練習にも根気よく付き合って頂きました。経験豊富な上司や先輩の存在はとても心強く、安心して職務に専念することができています。その他にも、子供の学校の行事の時などは、優先してお休みを頂くこともできるなど家庭への配慮があることもありがたいです。

入社を検討している方にメッセージがあればどうぞ

大型トラックのドライバーは、大変なイメージもあるかもしれませんが、私でもできているのでやる気があれば誰でもできます。私はとにかく後悔だけはしたくない性格なので、興味があればとにかくやってみることをモットーにしています。お客様の大切な荷物をお預かりする責任もありますが、楽しみややりがいも多い仕事だと思います。会社や上司・先輩のサポートもしっかりしているので、興味がある方はぜひチャレンジしてみましょう!

1日のスケジュール

8:30
8:30

出社

荷積を行い出発の
時間まで待機

9:30
9:30

輸送先に出発

輸送先までの運転
時間は平均30分〜
1時間程度

10:00
10:00

車両整備

輸送先に到着

12:30
12:30

お昼休憩

輸送から帰社し、
次の荷積を行った後
1時間のお昼休憩

13:30
13:30

出発

荷積〜輸送を一日に
3〜4往復程度行う

17:30
17:30

退社

最後の輸送から
戻り、退社

Recruit Info

エントリーフォーム

新卒・中途採用・未経験者どなたでもご応募ください。